タイヤトラブルについて

気をつけたいタイヤトラブル

タイヤトラブルについて header image 2

パンク修理に必要なものとは

2014年09月26日 · コメント(0) · 未分類

自動車を運転中、もしくは停車中に何らかの理由でタイヤがパンクした場合自分でスペアタイアと交換する方法と補修材を使い穴をふさぐ二つの方法があります。

スペアタイアに交換する場合、必要な道具はタイヤ交換の際に必要な道具と全く同じですので、あらかじめ車にジャッキ等を載せておく必要がります。

車によってはスペアタイアと一緒にレンチやジャッキなどの簡単な物が載せてある場合もあますが、あくまでも緊急時に使う物と割り切っているので使い勝手がいいとは言えないため、別に購入する方もいますし、そういった車載工具用の小型の物も販売されています。

最近の車の場合スペアタイアの代わりに補修材のみ入れてあるという車もありますし、中古車などの場合ではスペアタイアが使われている場合、もしくは工具類だけなくなっている場合などもありますので、パンクさせる前に工具などの装備の確認を行う事をお勧めします。

スペアタイアを載せていない車の場合、タイヤ補修材と言われる物が載せてある場合があります。

これはあまり大きな傷には使えませんが、小さな傷であればパンク修理の際に穴が開いている場所に塗布するだけで良いという物なので、専門の工具等は要らないため、スペアタイアの他にこれを載せておくという方もいます

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。