タイヤトラブルについて

気をつけたいタイヤトラブル

タイヤトラブルについて header image 2

空気圧が原因のトラブル

2014年09月02日 · コメント(0) · 未分類

タイヤの空気圧が原因となるトラブルと言えばまず、パンクです。
バドミントン
パンクの多くは釘などの異物によってタイヤが傷つく事で起こりますが、それ以外でもタイヤの材質の経年劣化などでも起こりますし、また走行によるタイヤの消耗でパンクする場合もあります。そして圧力が高すぎる場合にも破裂するようにパンクする場合があります。

またもちろん圧力が低すぎる場合にタイヤが走行の負荷によって変形してパンクする場合があります。破裂してパンクする場合には車が方向性を失う事もあり、危険ですので十分注意して、普段から点検しておく方がいいでしょう。

また圧力が低い場合にはタイヤの変形が大きくなり、燃費が悪化します。気付かない程度でも一割程度燃費が悪化する場合があります。

また高すぎると接地面が減少し十分なグリップを得られなくなりブレーキ力が減る場合があります。また乗り心地が硬くなり悪化します。

場合によっては偏磨耗してタイヤの寿命が短くなってしまいます。更にタイヤ毎にまちまちになってしまい、そろっていない場合には直進性が悪化する場合もあります。

ブレーキをかけたときに効き具合が異なって、思わぬ方向へ車が進んでしまう事もあります。

またスペアタイヤも点検しておかないと必要なときに使う事が出来ないので、気をつけましょう。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。