タイヤトラブルについて

気をつけたいタイヤトラブル

タイヤトラブルについて header image 2

コード切れによる破裂(バースト)によって生じるトラブル

2014年09月26日 · コメント(0) · 未分類

クルマを走らせるためには、タイヤとエンジンとガソリンの三つの役割がきっちりとされていないと走行をすることができません。

このうちのどれか一つでも欠けてしまうと走行をするのが難しくなるでしょう。

特におきやすいのが、タイヤのコードがバーストすることによる走行不能の状態です。

暑い夏には、高速道路を長時間運転するとタイヤの内部に熱がこもってきます。

もともと、コードはタイヤの内部で接着されているものです。

暑さによって、この接着部分がとれてくると一気に破裂する危険があります。

そのため、夏のトラブルの件数が非常に高くなるのです。

重量のある車でインチアップをしたり、夏場の長時間運転や重量過多による走行でこういった現象を見ることができます。

高速道路に行く前や長距離の運転をするときには、クルマの状態が適切であるかを判断することが必要になってきます。

これは、冷静におこなわないと意味がない判断です。できるかぎり、平常心に近いときに判断すると良いでしょう。

トラブルにあったときには、速やかに対応すると良いでしょう。

また、タイヤがひとつなくなっても動けるようにスペアのタイヤをクルマにつんでおくことも有効な手段だといえます。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。